歯周組織再生療法【自由診療】

GTR法(自由診療 ※骨補填材はBio-Ossを使用します)

解説

歯周病により歯周組織が破壊されると、深いポケットが形成されます。これに伴い、歯根膜や歯槽骨が欠損して本来歯を支えるための歯周組織の機能は低下してしまいます。この破壊された歯槽骨を再生するのがGTR法です。方法としては歯肉を切開、剥離してレーザーで肉芽組織を除去し、骨補填剤(Bio-Oss)を入れ、膜で被い、歯肉を縫合して終了。骨組織が再生してくるまで半年位かかります。

歯根膜や歯槽骨が欠損して、本来歯を支えるための歯周組織の機能が低下しています。

歯石・歯垢を除去し、歯肉を切開、剥離してレーザーで肉芽組織を除去し、骨補填剤(Oio-Oss)を入れ、膜で被い、歯肉を縫合します。


GTR法によって歯周組織が再生しました。

 

適応症

垂直性の骨吸収に適しています。全体が水平的に骨吸収している場合は適しません。(症例によっては適応でない場合もあります。)

 

GTR法のメリット・デメリット

メリット(GTR法の利点)

・失われた歯周組織の再生ができる。

デメリット(考えられるリスクと副作用)

・健康保険適用外の自由診療となるため、それ相応の費用負担が発生する。
・歯周組織の外科手術となる。

 


【治療費】※消費税込

・1歯  54,000