静脈内鎮静法

静脈内鎮静法(じょうみゃくないちんせいほう)とは、インプラント治療に不安があったり、インプラントはしたいが怖いという方に希望があれば行う麻酔方法です。完全に意識を失うものではなく、こちらの呼びかけには反応できる状態です。うたたね寝のような状態のうちに手術が終わります。

 

静脈内鎮静法のメリット・デメリット

メリット(静脈内鎮静法の利点)

1.治療中うたた寝をしているような状態になるので、治療時間が短く感じられる。
2.気持ちが落ち着く
3.健忘効果が期待できるので、治療中の不快な経験が残らなくてすむことが多い。(特に難しいインプラントや、一度に多数歯のインプラントを行う場合)
4.血圧や脈拍が安定しますので、高血圧症などの全身的な病気をお持ちの方でもインプラント治療が可能になります。

デメリット(考えられるリスクや副作用について)

1.インプラント治療における静脈内鎮静法は、健康保険適用外の全額自費治療となります。
2.術後は意識がしっかりするまで院内で休んでいかれる必要があります。(1時間程度)
3.当日は自転車や車など、乗り物の運転はできません。
4.心臓、肝臓などに異常がある方は使用できない可能性があります。

 

静脈内鎮静法の流れ

①全身の問診表で全身状態を担当の麻酔専門医がチェック(静脈内鎮静法の可否を判断)
②インプラント手術当日、食事は3時間前から禁食、2時間前から禁飲水、女性はマニキュアは落としていただき、術前に口紅を取っていただきます。またコンタクトレンズも処置中は外していただきます。
③次に腕の静脈路を確保し、点滴から少しずつ鎮静薬を入れます。
④術中は術者とは別に麻酔専門医がリアルタイムでモニタリングしながら状態を絶えず管理します。
⑤手術終了後、眠気やふらつきがなくなるまで、そのまま診療台、もしくは休憩スペースでお休みいただきます。(1時間程度)
⑥十分に意識の回復を確認した後、お帰りいただきます。

 

インプラント治療における静脈内鎮静法の費用(インプラント治療では健康保険適用外)

※静脈内鎮静法は提携している大学病院出身の麻酔専門医が担当します。

インプラント治療における静脈内鎮静法の料金

1回 54,000円 ~ 86,400