自費の入れ歯【自由診療】

入れ歯は健康保険適用での製作ももちろん可能ですが、健康保険適用外の自由診療の入れ歯では、より優れたもの、快適に使用できるものがあります。入れ歯はお口の中に入れて毎日使うものですので、より快適な使用感を求める方には自費の入れ歯が適しているかもしれません。

 

コーヌステレスコープデンチャー

留め金を使わない入れ歯です。維持が強くしっかり咬め、なおかつ外れにくい義歯です。長期的にそれが続きます。

 

金属床入れ歯

保険のプラスチックだけの入れ歯と比べて薄く出来ますので装着感がいいです。金属にはコバルトクロムとチタンがあります。

 

自費の入れ歯のメリット・デメリット

コーヌステレスコープデンチャーの利点

・保険の義歯に比べ床を小さくつくれるため異物感が少ない特徴があります。
・義歯の維持安定が増し、咬み心地が良くなります。
・顎堤が保護出来、骨吸収の進行を遅く出来ます。
・維持力が低下してきた場合は外冠の内面にメタルをレーザー溶接することによって維持力を回復できます。
・内冠により平衡性を調整できます。

コーヌステレスコープデンチャーの欠点(考えられるリスクと副作用)

・健康保険適用外の自由診療となるため、治療費が高額となります。
・外冠の種類によっては修理が難しくなります。
・熟練した技工士の技術が必要となります。

金属床入れ歯の利点

・保険のプラスチックの床と違い、金属の床であるため破折しません。
・床の厚みを薄く出来るので装着感が良い特徴があります。
・コーヌステレスコープデンチャーに比べ修理が簡単というメリットがあります。

金属床入れ歯の欠点(考えられるリスクと副作用)

・健康保険適用外の自由診療となるため、治療費が高額となります。
・バネを掛けた歯に負担がかかります。

 

自費の入れ歯の費用

・テレスコープアタッチメント 50万円 ~ 100万円(税抜)
・金属床(コバルトクロム) 3040万円(税抜)
・金属床(チタン) 4050万円(税抜)