Nobel Biocare

ノーベルバイオケアインプラントの種類

ノーベルバイオケアは、単独歯から無歯顎の症例におけるインプラントを用いた歯科修復の世界的リーダーです。そして、ノーベルバイオケア(Nobel Biocare) は、専門家と共に生活をより良くするという共通の目的のもとに結ばれている3社の事業会社と30を超える歯科ブランドから構成されているグローバルファミリー、Envista Holdingsの1社です。

ノーベルアクティブ

ノーベルアクティブ

直径
(mm)
長さ
(mm)
3.0 10 11.5 13 15
3.5 8.5 10 11.5 13 15 18
4.3 8.5 10 11.5 13 15 18
5.0 8.5 10 11.5 13 15 18

ノーベルアクティブでは、柔らかい骨質においても高い初期固定が得られます。
ノーベルスピーディー・グルービーはアバットメントが浅く入るエクスターナルタイプになります。

TiUltra™ Multi-zone implant surface – 「ノーベルアクティブ」

TiUltra™ Multi-zone implant surface – 「ノーベルアクティブ」

直径
(mm)
長さ
(mm)
3.0 10 11.5 13 15
3.5 8.5 10 11.5 13 15 18
4.3 8.5 10 11.5 13 15 18
5.0 8.5 10 11.5 13 15 18
5.5 7 8.5 10 11.5 13 15

ノーベルアクティブは、ノーベルバイオケアの他のインプラントとは異なる、新しいタイプのインプラントです。軟らかい骨質、抜歯窩、または審美性が求められる領域を治療する場合でも、良好な初期固定を実現します。 従って、ノーベルアクティブは抜歯即時埋入や即時負荷などの困難な症例やプロトコルにも適しています。  

 

TiUltra™ Multi-zone implant surface – 「ノーベルパラレルCC」

TiUltra™ Multi-zone implant surface – 「ノーベルパラレルCC」

直径
(mm)
長さ
(mm)
3.75 7 8.5 10 11.5 13 15 18
4.3 7 8.5 10 11.5 13 15 18
5.0 7 8.5 10 11.5 13 15 18
5.5 7 8.5 10 11.5 13 15

ノーベルパラレル CCのシンプルなデザインと適応により、インプラント歯科分野において、さまざまな経験値の歯科医を対象に優れた柔軟性を発揮します。多くの研究で実証されたインプラント・ボディにより、良好な初期固定が得られ、さまざまな骨質と広範な症例に適用できる高い汎用性を実現します。

ノーベルパラレルCC

ノーベルパラレルCC

高い汎用性 – さまざまな骨質と広範な症例に適用できるよう設計されたインプラント・ボディー

良好な初期固定 – タイユナイト表面、外科術式、テーパー状の先端や先端からプラットフォームまでのスレッド等の特徴が、良好な初期固定をもたらし、即時負荷のプロトコルに適用します。

安定・密着したアバットメントの連結 – ヘキサゴナル・インターロッキングを備えたインターナル・コニカル・コネクション

優れたオッセオインテグレーション – グルーブが付与された独自のタイユナイト表面により、迅速な骨形成を促し、長期的な成功を実現

ノーベルスピーディ グルービー / ショーティ

ノーベルスピーディ グルービー (左)
ノーベルスピーディ ショーティ (右)

直径
(mm)
長さ
(mm)
3.5 10 11.5 13 15
4.0 10 11.5 13 15 18
5.0 10 11.5 13 15 18
6.0 10 11.5 13 15 18

ノーベルスピーディー・グルービーは、無歯顎症例を4本のインプラントで支えるオール・オン4コンセプトに広く用いられています。先端部が細く、4つのカッティングチャンバー(切り込み)が付与されたデザインは初期固定が得られやすく、小さめにドリリングされた形成窩への埋入やバイコーティカルな固定を可能にします。

ノーベルスピーディーは、ややテーパー形状のボディを有し、先端から頚部まですべてスレッドが付与されています。軟らかい骨質においても高い初期固定を獲得し、即時負荷プロトコルに適応するデザインです。ショート・タイプのノーベルスピーディ・ショーティーをはじめ、直径・長さにおいてさまざまな種類をお選びいただけます。


ブローネンマルク

ブローネンマルク MkⅢ

ブローネマルクシステムMk IIIは、中程度から硬い骨質に適しています。 インプラントは、パラレルウォールのインプラントボディと3つのカッティングチャンバーが付与されています。 すべての骨質で優れたインプラントの固定を実現するようにデザインされています。

リプレイスCC / リプレイスCC PMC

リプレイスCC(左)
リプレイスCC PMC(右)

ノーベルテーパード CC (コニカル・コネクション)は、ノーベルリプレイス・テーパードと同じテーパー形状のインプラントです。アバットメントの連結部はコニカル・コネクションが採用され、審美性が要求される部位にも適したインプラントです。天然歯根の形状が付与されたデザインは、初期固定を得やすく、治療のオプションとして即時負荷の適用が可能です。さまざまな臨床のニーズに応じて、インプラント頚部は、すべてタイユナイト表面が付与されたタイプと0.75 mm幅の機械加工表面(PMC:Partially Machined Collar 一部が機械加工表面)の2種類よりお選びいただけます。 


Xeal™ & TiUltra™  について

ノーベルバイオケア社は、数十年に及ぶ陽極酸化の専門知識と技術に基づき、アバットメントからインプラント先端まで、あらゆるレベルにおいて周囲組織との結合を最適化するために表面化学とトポグラフィーを再考し開発しました。軟組織と硬組織の両方のインテグレーションに適しています。

インプラント治療で使用されるコンポーネントの表面特性は、治療結果に対し大きな役割を果たすことが証明されています。これまでは主に表面粗さが着目されてきましたが、加えて初期の細胞間相互作用およびインテグレーションの過程に重要な役割を果たすのは表面化学であることがわかりました。
ノーベルバイオケア社は、あらゆるレベルにおいて最適なインテグレーションを実現するための粗さ、多孔性、そして化学的性質の全ての要素をカスタマイズしました。

Xeal について

アバットメントと密接に付着した軟組織は、その下にある骨を保護するバリアとして機能し、周囲組織の長期的な健全性と安定性を維持するペースとなります。
長期良好な予後の獲得の鍵を握る軟組織の役割に着目し、細胞レベルに働きかけるアバットメント用の表面性状です。

Xeal表面はスムーズかつ非多孔性のナノ構造を有する陽極酸化表面です。密接した軟組織の付着を促進・維持するために特別にデザインされた表面化学およびトポグラフィーを備えています。

機械加工のアバットメントとの比較では、2年後の追跡調査でもその軟組織の高さに統計的有意差が認められました。

特に薄い粘膜で透過による影響を受ける症例では、より自然な外観をサポートする上で有利です。美しいゴールド色は、着色ではなく、特定の表面構造を得るための製造工程で生成される酸化層によるものです。しかし、同じゴールド色であってもその特性が同じとは限りません。陽極酸化処理過程の様々なファクターにより異なる特性を生み出しています。