インプラントの歴史 インプラントの種類 インプラントの症例 インプラントの用語 インプラント治療のFAQ お問い合わせとプロフィール
PRP法

インプラント技術の進歩により、難症例も対応できるようになりました。例えば上顎奥歯の部位で骨の高さが足りない場合は、増骨技術によりインプラントが可能になります。これも、以前は御自分の顎骨や腸骨を採取したりしていましたが、現在は人工の骨補填材と御自分の採血した血液から分離させた血小板を多く含んだ血漿(PRP)を混ぜることにより、増骨が可能になりました。
なぜ、PRPが創傷治癒のために用いられるのでしょうか。活性化した血小板は創傷の治癒や骨の造生に関与する成長因子を分泌します。欠損部に血小板を豊富にすることによって治癒期間の促進をはかることができます。

▲サイナスリフト法で用いる 血小板を分離する機械
このサイトは 山西歯科医院世田谷インプラントセンター が運営しています。
トップページ