インプラントの歴史 インプラントの種類 インプラントの症例 インプラントの用語 インプラント治療のFAQ お問い合わせとプロフィール
歯槽骨の吸収

 歯槽骨は、基本的に歯を支えるための骨です。したがって、歯がなくなると歯槽骨の仕事がなくなるため骨は吸収しやすくなります。歯槽骨が吸収していくと、インプラント治療が困難になるばかりでなく、入れ歯もあわせにくくなります。また、歯周病による炎症によっても骨吸収は引き起こされます。骨の吸収が一定のレベルを越えると、治療の効果もなく抜歯にいたる場合もありますので、定期的な口腔衛生チェックがおすすめです。
このサイトは 山西歯科医院世田谷インプラントセンター が運営しています。
トップページ