インプラントの歴史 インプラントの種類 インプラントの症例 インプラントの用語 インプラント治療のFAQ お問い合わせとプロフィール
04.インプラント治療は時間がかかるの?

 顎骨の質や構造などに特に問題がなければ、インプラントの植え込み手術(植立あるいは埋入手術)から最終的な上部構造(人工の歯冠や義歯)がセットされるまでが一般的には3ヶ月〜6ヶ月くらいです。
 インプラントと骨が結合する期間は、各インプラントシステムや患者さんの状態(インプラントを植えた部分の骨の状態、全身的な健康状態、喫煙の有無など)、手術の規模(GBR法や骨移植の有無)などによって差があります。平均的には下顎で3ヶ月、上顎で6ヶ月程度といわれていましたが、最近はインプラントシステムの改良もあり、もう少し早くなっています。ただし、インプラントを植え込むまでにその他の部分に治療が必要(歯周病や虫歯など)であったり、多数の歯が欠損していて、噛み合わせの調整や発音・外観の形態などを確認する必要がある場合など、処置が増える場合は当然治療期間も長くなります。
 また最近は、植立したインプラントに対してすぐに荷重(ものが噛めるようにする)を加える即時荷重の考え方も生まれてきましたが、対象となる症例は下顎の前歯部に限定されていて、インプラントに取り付ける人工歯も入れ歯タイプのものが主流です。この方法も患者さんの顎骨の状態などでできない場合もありますので、担当の先生とよく相談されるとよいでしょう。
このサイトは 山西歯科医院世田谷インプラントセンター が運営しています。
トップページ