インプラントの歴史 インプラントの種類 インプラントの症例 インプラントの用語 インプラント治療のFAQ お問い合わせとプロフィール
01.骨組織誘導再生法 (GBR法)って何?

 吸収したり破壊されたりしている歯槽骨を再生させる方法です。まず歯槽骨が吸収あるいは破壊された範囲を専用の膜で覆います。これは、骨の組織を再生させたい部分に、歯肉などの軟らかい線維性の組織細胞を混入させないためです。次に、膜の上から歯肉をかぶせるように戻します。歯槽骨が再生されるべきスペースが確保されていれば、破壊された歯槽骨は徐々に再生されてきます。数ヶ月で、未熟ながら新しい歯槽骨が再生されます。インプラントを支柱にして専用膜のテントを張ることができれば、比較的容易に骨の誘導再生が可能です。ただし、治療中は徹底した口腔衛生管理が必要になります。
このサイトは 山西歯科医院世田谷インプラントセンター が運営しています。
トップページ